首 しわ スキンケア

首の正しいスキンケアについて

三十路前なのでかなりあせっています。

 

焦っているのです!!(w_−; ウゥ・・

 

 

何にあせっているかって、お肌についてです。(-。−;)

 

 

こんにちわ・・・最近、首のスキンケアに興味を持ち始めた三十路前で焦っている美智子です。

 

 

なぜかというと、仕事で出張が多く、ホテル泊が多いので肌が乾燥しやすく困っていました。

 

 

肌が乾燥すると、小じわになりやすくなるし、化粧のノリも悪くていいことありません。
30歳を過ぎてから、首のケアもしっかりしないといけないと思い始めました。

 

 

私よりずっと年上の女性で、首がきれいな女性がいて憧れているからです。
首は意外と見られているし、首がきれいだと若々しいなと思いました。

 

 

今まで、顔のスキンケアは念入りにしてきたつもりですが、首はおろそかにしてきました。
首は皮膚が薄くて、よく動くところなので、シワになりやすいそうです。

 

 

これを知って、本格的に首のスキンケアを始めようと行動しました。
最初、スキンケアというと、保湿が大切!と考え、クリームをたっぷり塗っていました。
出張先のホテルでは乾燥を防ごうと、寝る前にはべたつく程塗っていました。

 

 

首がつるつるになった気がしましたが、これでシワ予防にはなっているのかな?と疑問もありました。
そんなある日、ある美容雑誌を読んでいると、こんな事が書いてありました。

 

 

「首は顔の皮膚と比べ、水分保持量が1、6倍あります。」

 

 

確かに、顔の目や口まわりは乾燥しやすくカサカサになりますが、首が乾燥した経験はありません。

 

 

首のケアには保湿よりも違うケアの方が必要なのかもしれません。
そこで、首の正しいスキンケアについて調べてみました。

 

 

首のシワの原因

 

 

首のシワの原因はいくつかあるようです。
よく動かすところで、酷使されるので、シワができやすいのは分かりますが、姿勢も関係するそうです。

 

 

姿勢が悪く猫背で首が曲がっている状態だと、首にシワがよってしまいます。
これが長時間続くとシワが形状記憶されてしまいます。

 

 

顔の目尻や眉間などの表情ジワもそうですよね。
また、姿勢が悪く首が曲がっている状態は身体の血行が悪くなりリンパの流れが悪くなります。

 

 

リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまりむくみからシワになるそうです。
この原因は、姿勢を正し、首をまっすぐにすることが改善策になります。

 

 

この他に紫外線による肌の老化や筋肉の衰えによる原因もあるようです。
では、スキンケアでシワは予防できるのでしょうか?

 

 

答えはできます!

 

 

予防できる原因は肌の老化です。

 

 

抗老化効果でシワを予防できる成分があります。

 

 

スキンケア

 

 

私もそうでしたが、スキンケアというと「保湿」を重視しがちだと思います。
もちろん肌が乾燥していればいろんな肌トラブルにつながるので、保湿は大切ですが、ただ油分たっぷりのクリームを塗ったからといってOKではないようです。

 

 

調べた結果、肌の老化防止効果のある「成分」が配合されている化粧品を選ぶ事が1番効果を期待できる選び方だと思いました。
では、成分は何が良いのでしょうか?

 

 

よく雑誌やCMなどで宣伝されている化粧品にはいろんな成分が配合されていますよね。
新開発された成分やメーカーの独自成分がたくさんあって、何が1番良い成分なのか分かりません。

 

 

信用しているメーカーがあれば、その化粧品を使用するのも手ですが、自分の肌悩みに合った化粧品を使いたいものです。
私は、首のシワを予防できる化粧品を使いたいので、探しました。

 

 

シワに効果的な美容成分をご紹介します。

 

 

・ビタミンC誘導体:この成分は美白もできる優れものです。
シミを作らせない効果もありますが、抗酸化力もありシワも予防します。
もともとビタミンCは不安定な成分で化粧品に配合するのが難しかったのですが、
安定化させて肌に浸透できるように改良した成分になります。

 

 

成分名は、アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)、リン酸型ビタミンC、
アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチル、テトラヘキシルデカン酸アスコビル、
ステリアン酸アスコビルなどと表示されています。

 

ビタミンC配合!

 

 

と宣伝している化粧品はたくさんありますが、表示名を確かめて選びましょう。

 

 

・レチノール:抗老化効果のある成分として代表的な成分です。
シワの原因となる肌の奥にある真皮に働きかけてくれます。
肌の奥にある真皮は肌のハリをつくっています。

 

 

真皮成分はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンです。
これらの成分はお母さん細胞である線維芽細胞が生み出してくれています。

 

 

老化により線維芽細胞がコラーゲンなどを生み出せなくなり、減少していきます、
すると、肌にハリがなくなり、深いシワになるのです。

 

 

このレチノールは線維芽細胞を元気にしてくれてコラーゲンの生成の促進をしてくれます。
また、肌の生まれ変わりも促進してくれるので、メラニン排出効果もあり美白効果もあります。

 

 

肌の調子によっては、炎症が起きる場合もありますので、様子をみながら使用しましょう。
以上2つの成分を紹介しましたが、他にもシワ対策に有効な成分はあります。

 

 

自身の肌に合う成分がみつかるといいですね。
私も今からスキンケアに投資して、若々しい首を維持していけるように頑張ります!